安城、岡崎、刈谷、豊田、名古屋、豊橋、豊川、蒲郡を中心に愛知の障害年金なら愛知障害年金申請センター

あいち障害年金相談センター

0120-150-314

年金レポート.bmp

過去の記事は下のリンクからご覧下さい。

繰上げの注意点!!≪繰上げと障害年金≫


 「障害年金の請求をしたい!」ということでのご相談です。

 お話を聞くと、ご本人様は60歳になった1月に老齢基礎年金の繰上げ(65歳より前にもらう
 こと)の請求手続きをされました。
 その直後、体の調子が悪くなり、病院に行ったところ、心臓が悪いことが分かり、即入院。
 3月には心臓にペースメーカーを入れる手術をされたということでした。

 こんな場合、障害年金はもらえないのでしょうか?!
 繰上げの手続きをした後に、初診日のある障害については、いくら障害の状態が悪くても、
 障害年金は請求できないのです。

 この方の場合ですと、現在の状態では障害基礎年金の障害等級には該当しません(ペース
 メーカーは3級のため)が、今後さらに心臓等の状態が悪化し、障害基礎年金の1級や2級に
 該当する状態になったとしても、すでに老齢基礎年金の繰上げを受給しているため、障害年金
 の請求はできないのです。ご本人様は、繰上げの請求をするときに、「もっとしっかり注意点を
 確認しておけばよかった!繰上げをすると障害年金が請求できなくなるなんて知らなかった!」
 と肩を落としていらっしゃいました。

49.gif   老齢基礎年金の繰上げは、一回申請をすると、取消しはできません。繰上げの手続きをする際は、障害年金(事後重症や繰上げ後に初診日のある障害)が請求できなくなるなどのデメリット(注意点)をしっかり確認することが重要です。


 

年金レポートメニュー

◆学生のカラ期間①   ◆学生のカラ期間②   厚年長期加入の大きなメリット
◆繰上げと障害年金



障害年金メニュー

●基礎知識 ●受給額 ●受給のポイント ●受給要件
●障害年金の種類 ●必要書類 ●障害の認定方法 ●請求時の注意点
●障害年金の等級 ●相談の流れ ●受給の流れ ●サポート料金
●年金レポート 障害者手帳